熊本市長嶺東の歯医者・歯科

HOME > 診療案内 > 予防歯科
診療案内

予防歯科

従来の歯科治療は痛みを取り除き、歯の機能を回復したあとは、そのまま終了していました。でも、思い出してください。何年かするとまた虫歯ができてきたり、歯ぐきが腫れてきたりしなかったでしょうか?また、治療しなければいけません。この繰り返しです。もちろん治療することは大切ですが、その後は問題が起こらないようにお口の健康を守っていくことが大切ではないでしょうか?
虫歯や歯周病は生活習慣病で、毎日の患者様の手入れなどが大切なのは言うまでもありませんが、これだけでは十分ではありません。このために、当院は定期的な予防処置が必要と考えています。

虫歯の予防について

問診や唾液を用いた検査によってどれくらい虫歯になりやすいかを確認し、個々の患者様に適した予防法を説明します。それに基づいて食生活やブラッシングなどの指導をしたり、PMTC・シーラント処置やフッ素塗布を行います。

予防歯科
PMTCとは
歯垢(しこう)をそのままにしていると、歯磨きでは落とせない無数の細菌がからみ合った汚れになります。ちょうど、車の水あかのようなものと考えてください。水あかは洗剤で洗っただけではなかなか落ちません。これと同じように、口の中の「この汚れ」は専用の薬剤や器具を使ってキレイにしなければいけません。

歯周病の予防について

問診や歯ぐきなどの検査によって歯周病の程度を判断し、個々の患者様に適した予防法を説明します。 それに基づいてブラッシングなどの指導や、プロフェッショナルケア、PMTCを行います。