熊本市長嶺東の歯医者・歯科

HOME > 医院方針
医院方針

1.必要があればまず応急処置

歯やはぐきが痛い・入れ歯の具合が悪いなどの時には、まずその部分から治療いたします。

2.お話を聞かせてください

皆様がお口に対して、どのようなご不満・ご希望をお持ちなのか私達がしっかり把握することが、最善の治療を行うために一番大切なことだと考えています。
そこで、お口について気になる点や治療のご要望などを可能な限り詳細にお伺いします。

3.検査をしっかり行います

痛いと感じるところだけを検査しても、なりかけの虫歯やじわじわと気付かないうちに進行する歯周病などをみつけることはできません。
そこで、私達はお口全体を一単位と考え、十分な検査を行います。

4.何度でもご説明します

検査の結果は、私達が治療に利用するだけでなく、皆様にもご理解いただけるよう、できるだけわかりやすくご説明させていただきます。分からないことがあれば、何度でもご説明させていただきます。

5.複数の治療方法をご提案します

選択可能な治療方法については、利点・欠点なども含め、選択可能な治療方法についてすべて分かりやすくご説明させていただきます。それらを正しくご理解いただいた上で、患者様ご自身に治療方法をご選択いただきます。

6.丁寧に治療します

治療方法が決まれば、後はできるだけ痛みなく質の高い治療を提供します。

7.治療後のメインテナンス(予防)をします

すべての治療が終了しました。しかしそれは新たなる始まりでもあります。
そして、なぜ歯が悪くなったのかをもう一度考えてみてください。
治療終了時の状態を維持するためには、歯磨きなどによる患者様自身の手入れだけでは不充分で、プロによるメインテナンスが必要です。これにより新たな治療と再治療を防ぐことが、歯を長持ちさせる状態です。